検索
  • ふんどしタコ坊主

火を焚きましょう。



ウホホ、ウホ。ウホ?

ウホー!!!


自然の中で暮らしていたヒトザル。

彼らは暗闇と寒さの中で「火を焚くこと」を学び、光と温もりを手に入れた。

薪はいくらでも自然が提供してくれる。

私たちの日々の暮らしは、火と共にあったのだ。

DNA∞∞に刻まれた、人類共有の記憶。


現代社会病理を、根源から癒し治す「原因療法」は、

【自然に寄り添い、暮らし中で火を焚く】ことにあるのではないか?


火を焚くことで、私たちの意識は変容する。

私たちの意識が変われば「社会(集合意識)」も変わる。


現代社会が抱える山積みの問題も、じきに解決。

そんなもんじゃないかって思う。


『火を焚きなさい』という山尾三省(やまお・さんせい)の詩があります。

サイト「葉っぱの坑夫」で全文が読めます。おすすめ。

http://happano.sub.jp/happano/pages/make_the_fire.html



火、いいよね。みんな、焚いてる?

都会じゃ焚火も、規制されてるって?

煙に巻かれたいなら、町を抜け出そう。

当てがないなら、うちにおいで。

火を囲みながら楽しく一杯やろう♪


2,3人でやる焚火も楽しいし。

30人くらい集まれば、大きなキャンプファイヤーも楽しいね!

集まれる人が、集まりたい時に集まって、焚火を楽しむ会。

うほー!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示